奇跡の生命力で「99%助からない」状態から復活した男の野望

 

ライフ・マネー 2017.09.21

 

 心肺停止状態になってから、人はどのくらい生きていられるのだろうか? 統計では10分経過すると生存率はほぼ0%とある。では、加藤秀幸さん(42)の場合はどういうことだったのか?

 

 

 

 11年前の11月の日曜の夕方、釣りが好きな加藤さんが乗っていた釣り船が鶴見川河口でクルーザーに衝突された。当て逃げ状態で釣り船の船長と友人が即死。加藤さんは心肺停止状態に陥った。難を逃れたもう一人の友人が船のエンジンを切ってくれた。それで助かった。

 

 

 

 その日は仲間たちと2隻の船に分かれて釣りを楽しんでいて、事故に気づいたもう1隻の船が助けに来てくれた。それに乗せられ船着場へ。そこから済生会神奈川県病院へ救急搬送された。

 

 

 

「心肺停止していた時間は50分から1時間。普通それだけ経過すると脳に血液が行かないので、助かっても植物状態になるとか、ひどい障害が残ることになります。

 

 

 

 意識を取り戻したのは5日めの昼。でもそれは母から聞いた話で、僕自身は釣りに行った記憶がないばかりか、事故の前後一カ月の記憶が今もありません。

 

 

 

 気がついたときは右半身全麻痺。右脳に外傷性脳挫傷を受け、脳みそが2センチ欠損していました。脳挫傷を受けると脳は逃げようと縮み、それが戻るときに左の中脳に出血して、神経を圧迫し右半身が麻痺しました。

 

 

 

 ただリハビリがよかったのか、今では麻痺より軽い感覚障害にまで回復しています。結局僕は病院を2度変えて4カ月以上入院、丸2年間は働けませんでした」

 

 

 

 加藤さんは八百屋の三代目だ。八百屋といっても小売店ではなく、学校、病院、居酒屋などに品物を納める納め屋である。

 

 

 

 八百屋の跡取りだが、大学は北里大学海洋生命科学部出身で魚の専門家だ。2017年の正月に放映されたテレビの特別番組『検定王』では魚検定の問題を監修し、協力者として名前も表示された。

 

 

 

 また、魚図鑑の監修などもおこなっている。学生時代はアルバイトで釣り専門の週刊紙に毎週コラムを書いていた。その関係で釣りの記者になるつもりだったが、空きがないために店長候補として大型の釣具店に入社した。

 

 

 

 そこでは新入社員の売り上げの記録を作るなど成績を残したが、2年後に祖母が亡くなり、働き手が足りなくなったため、実家の八百屋に戻った。

 

 

 

2年間下積みをして、3年めから父に代わり社長になりました。実家はいちばんの得意先に計画倒産されて集金できなくなったぶんなど、借金8000万円弱を引きずっており、返済のために飛び込み営業をするなど、ほとんど寝ないで仕事をしました。

 

 

 

 それで売り上げを3倍強に伸ばし、借金も30歳のころには2000万円ぐらいに減り、あと12年で返せると思っていました。当時、僕は月曜から土曜までバリバリ働いて、日曜日は釣りを楽しむという生活を送っていました」

 

 

 

 そして、運命の日曜日を迎える。退院してから3カ月後に診断書をもらいに病院へ行くと、幽霊でも見たかのように主治医に驚かれた。

 

 

 

「どうやって来たんだ!?」

 

「電車と足で来ました」

 

 

 

 それから2週間後に主治医から電話が来て、「加藤君のケースを学会で発表したい。30分以上心肺停止状態でここまで回復した例はないから」。

 

 

 

 そもそも99%助からないと宣告された状態から生還できたのはなぜか?

 

 

 

 加藤さんが子供のころから水泳など各種のスポーツをしていて頑健だったこと、体が大きくて肺活量が6000cc以上あることが関係した。

 

 

 

 肺は停止していても、最後に吸い込んだ6000ccの空気が溜められていて、酸素がなんらかの方法で脳に運ばれたのではないかと医者は説明する。

 

 

 

「実家では僕の代わりに弟が仕事をしていましたが、2年たって借金が増えているし、八百屋に戻ろうかと思い親に話しました。すると父親は『以前とは経済環境が違い、飛び込み営業で仕事が取れるようなことはないし厳しい』。

 

 

 

 母親は『事故の前と後で性格が変わってしまい、商売に向かないぐらい優しくなった。体力的にも八百屋をやるのは無理だから、できる仕事を探しなさい』」

 

 

 

 仕事探しの日々となった。小さな居酒屋をはじめいくつもの仕事をしたが、結局これはというものを見つけられなかった。今は知り合いと一緒にベトナム人の技能実習生や人材の紹介をおこなっている。先月はベトナムへ視察にも行った。その傍ら「ぐるなび」の記者や釣りのガイドなどもしている。

 

 

 

「将来はやはり、釣り体験の教育や釣りのコーディネート、それに野菜ソムリエの資格もあるので、食育ができたらいい。30代は失われた10年間で、僕自身はまだ30代のつもり。その気持ちで成功を収めたいと思っています」

 

 

 

 医学の常識を覆す生命力を見せた加藤さんが、40代での成功がかなうようにエールを送りたい。

 

(週刊FLASH 2017103日号)

 

    世界一貧しい大統領

「世界で一番貧しい大統領」といわれ、初めて来日した南米ウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領(80)は7日、東京外国語大学(東京都府中市)で講演会を行った。

 ムヒカ氏は在任中、大統領公邸に住まず、農園から古い愛車で仕事に向かう質素な生活ぶりで、給料の大半を貧しい人のために寄付。2012年の国連の会議で「貧乏とは無限に多くを必要とし、もっともっとと欲しがることだ」と述べ、世界的な注目を集めた。

 講演で、ムヒカ氏は「金があっても年月は買えない。人生を楽しむために時間は重要だ」と述べ、青年期から軍事政権に抵抗した経験を踏まえ、「一緒に同じ考えを持つ人たちと団結して何かをすべきだ。それがあなたの人生に意味や希望を与える」と語りかけた。

 会場には約300人が詰めかけ、中庭には中継の大型画面が設置され、入場できなかった学生や市民500人以上が聴き入った。同大スペイン語専攻3年の学生(21)は「生で講演を聴けて感動した。欲しい物を買うためにバイトしているけど、家族と過ごすなど時間の大切さを改めて知った」と話していた。

2016年04月08日 14時33分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

会場にお越しの政府や代表のみなさま、ありがとうございます。

ここに招待いただいたブラジルとディルマ・ルセフ大統領に感謝いたします。私の前に、ここに立って演説した快きプレゼンテーターのみなさまにも感謝いたします。国を代表する者同士、人類が必要であろう国同士の決議を議決しなければならない素直な志をここで表現しているのだと思います。

しかし、頭の中にある厳しい疑問を声に出させてください。午後からずっと話されていたことは持続可能な発展と世界の貧困をなくすことでした。私たちの本音は何なのでしょうか?現在の裕福な国々の発展と消費モデルを真似することでしょうか?

質問をさせてください:ドイツ人が一世帯で持つ車と同じ数の車をインド人が持てばこの惑星はどうなるのでしょうか。

息するための酸素がどれくらい残るのでしょうか。同じ質問を別の言い方ですると、西洋の富裕社会が持つ同じ傲慢な消費を世界の70億〜80億人の人ができるほどの原料がこの地球にあるのでしょうか?可能ですか?それとも別の議論をしなければならないのでしょうか?

なぜ私たちはこのような社会を作ってしまったのですか?

マーケットエコノミーの子供、資本主義の子供たち、即ち私たちが間違いなくこの無限の消費と発展を求める社会を作って来たのです。マーケット経済がマーケット社会を造り、このグローバリゼーションが世界のあちこちまで原料を探し求める社会にしたのではないでしょうか。

私たちがグローバリゼーションをコントロールしていますか?あるいはグローバリゼーションが私たちをコントロールしているのではないでしょうか?

このような残酷な競争で成り立つ消費主義社会で「みんなの世界を良くしていこう」というような共存共栄な議論はできるのでしょうか?どこまでが仲間でどこからがライバルなのですか?

このようなことを言うのはこのイベントの重要性を批判するためのものではありません。その逆です。我々の前に立つ巨大な危機問題は環境危機ではありません、政治的な危機問題なのです。

現代に至っては、人類が作ったこの大きな勢力をコントロールしきれていません。逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです。私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです。人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。命よりも高価なものは存在しません。

ハイパー消費が世界を壊しているのにも関わらず、高価な商品やライフスタイルのために人生を放り出しているのです。消費が社会のモーターの世界では私たちは消費をひたすら早く多くしなくてはなりません。消費が止まれば経済が麻痺し、経済が麻痺すれば不況のお化けがみんなの前に現れるのです。

このハイパー消費を続けるためには商品の寿命を縮め、できるだけ多く売らなければなりません。ということは、10万時間持つ電球を作れるのに、1000時間しか持たない電球しか売ってはいけない社会にいるのです!そんな長く持つ電球はマーケットに良くないので作ってはいけないのです。人がもっと働くため、もっと売るために「使い捨ての社会」を続けなければならないのです。悪循環の中にいるのにお気づきでしょうか。これはまぎれも無く政治問題ですし、この問題を別の解決の道に私たち首脳は世界を導かなければなりません。

石器時代に戻れとは言っていません。マーケットをまたコントロールしなければならないと言っているのです。私の謙虚な考え方では、これは政治問題です。

昔の賢明な方々、セネカやアイマラ民族までこんなことを言っています

「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

これはこの議論にとって文化的なキーポイントだと思います。

国の代表者としてリオ会議の決議や会合にそういう気持ちで参加しています。私のスピーチの中には耳が痛くなるような言葉がけっこうあると思いますが、みなさんには水源危機と環境危機が問題源でないことを分かってほしいのです。

根本的な問題は私たちが実行した社会モデルなのです。そして、改めて見直さなければならないのは私たちの生活スタイルだということ。

私は環境資源に恵まれている小さな国の代表です。私の国には300万人ほどの国民しかいません。でも、世界でもっとも美味しい1300万頭の牛が私の国にはあります。ヤギも800万から1000万頭ほどいます。私の国は食べ物の輸出国です。こんな小さい国なのに領土の90%が資源豊富なのです。

私の同志である労働者たちは、8時間労働を成立させるために戦いました。そして今では、6時間労働を獲得した人もいます。しかしながら、6時間労働になった人たちは別の仕事もしており、結局は以前よりも長時間働いています。なぜか?バイク、車、などのリポ払いやローンを支払わないといけないのです。毎月2倍働き、ローンを払って行ったら、いつの間にか私のような老人になっているのです。私と同じく、幸福な人生が目の前を一瞬で過ぎてしまいます。

そして自分にこんな質問を投げかけます:これが人類の運命なのか?私の言っていることはとてもシンプルなものですよ:発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。愛情や人間関係、子どもを育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものを持つこと。これらをもたらすべきなのです。

幸福が私たちのもっとも大切なものだからです。環境のために戦うのであれば、人類の幸福こそが環境の一番大切な要素であるということを覚えておかなくてはなりません。

ありがとうございました。

・・・・べとなむ交通常識・・・・

交通法規
交通警察のみが参考とする"だいたいの決まり集"
運転者が基本とする法規は、"早い者勝ちの法則"である。ベトナム市街地の運転で必要なものは、動体視力と相手の動きを読む洞察力・予知能力である。
交通違反
今日は運が悪い日だと気がつく瞬間のこと。警官に違反だと言われて、切符を切られること。
警官がいない場所では違反とは呼ばない。警官に止められても、交渉可。一般人なら700円程度。お金を渡すときには手品師のようなテクニックが必要かわいい若い女性の場合に限って携帯電話番号でいい場合もある。
歩行者
   サイゴン市内交通ルールでは一番優先順位の低い動物特に外来種は道路の真ん中で道を渡れず右往左往している生態を観察できる郊外では、牛のほうが優先順位が高い
道路横断
ベトナムに来た外国人が、一番に覚えなければならないサバイバルテクニック。
このテクニックなしではベトナムでは生きてゆけない。まずはこれを覚えて寿命を延ばし、ベトナムを楽しもう。「譲りあいの精神」を持っていると、あなたは一日中道路の向こうの土を踏むことはないだろう。コツとしては、・まず、気合を入れる・横断中に予期せぬ動きをしない。・走ったり、急に止まったりはバイク運転者の予知能力を損なう。・バイク以外の車は絶対によけてくれないので勝負はしないこと。・走ってくるバイクの運転手が、自分を認識しているかを瞬時に判断する。中央で棒立ちになっているとハゲタカのようにバッグ、カメラ、携帯電話をかすめひったくっていく。特に日本人はいいかも。脇見運転者にも注意!
信号機
運転者にとっては、単なる参考。街角にある小さくて控えめな赤と青のイルミネーション。各国の中古品が使われているので見ていて楽しい。それぞれの色の意味は、青: 左右を確認して通行:赤: 左右を確認して通行
中央車線
運転者にとっては、単なる参考。対向車線とは、対向車がないときには使うことができる優先車線
対向車線とは、追越車線と解釈してもよい。特に郊外に出ると、運転者は前の車を追い越すことは神が自分に与えた使命だと勘違いする。
横断歩道
道路に白のペンキで書かれた幾何学模様そこを横断すると危ないという注意喚起の印。
歩道
歩道の優先順位は以下の通り:バイクの駐車場:路上カフェ・屋台などの営業場所
バイクの通行車道:昼寝の場所:ベトナム将棋の対戦場所:床屋の営業場所:公衆トイレ、特にバス停の裏は危険::最後に、歩行者
一方通行
運転者にとっては、単なる参考。小遣いを稼ぐためのタクシーが、回り道をした時の言訳のためのルール。
交通流が少なく、警察がいない場合はバイクであれば逆行しても問題ない。大変礼儀正しいバイク運転者の場合は、車道を遠慮し、歩道を逆行して走る。
よって、一方通行でも歩行者は油断せずに左右を見て渡らなければならない。
クラクション
サイゴン市内全域に使われる屋外BGM
バイク
この国に来るのが初めての外国人を驚かせるための乗り物。ベトナム人にとって、50m以上の距離の移動には必要不可欠。人から大型冷蔵庫までほぼすべてのものの輸送手段。
バイクタクシー
サイゴン市内では、一番の高速移動手段
シクロ
外国人観光客を見世物にするための乗り物

 

待遇差別を禁じた改正パートタイム労働法

「正社員と職務差なし」

 正社員と同等の職務内容にもかかわらず賞与が低いのは不当として、大分市の元パート運転手の男性(50)が、勤務していた東京都の運送会社に賞与の差額や慰謝料の支払いを求めた訴訟の判決が10日、大分地裁であった。

 中平健裁判官は請求の一部を認め、会社に約325万円の支払いを命じた。

 男性の代理人弁護士によると、正社員と同一の勤務条件で働くパート労働者に対する、賃金や福利厚生での待遇差別を禁じた改正パートタイム労働法(2008年4月施行)違反を指摘し、雇用者に差額の支払いを命じた判決は極めて異例という。

 判決によると、男性は2006年から同社の準社員(パート労働者)として同市の大分事業所に勤務。会社側は、正社員と準社員は転勤や対外的な交渉が必要な業務の有無などの点で異なると主張したが、中平裁判官は「実際に大きな差は認められず、短時間労働者であることを理由に、賃金の決定やその他の処遇について差別的な取り扱いがあった」と判断した。一方、慰謝料などは認めなかった。

 会社側は「判決文が届いておらずコメントは差し控える」としている。

2013年12月12日 読売新聞)